カードローンに関しての返済方法というものはクレジットカード会社の方針によって随分相違があっていろんな方式が選ばれてます。一般的には残高スライド法やリボルディング払方法などが導入されているようです。かかる誰でも知ってるリボルディング払いですけれども実のところ勘定方法に多様な様式があったりします。ゆえにそういう方式により引き落し総額が違ってきてしまいますから把握しておいて損なことはないと思います。じゃあ理解しやすくこの2つのやり方の相違に関してを説明します。ひとつは元金均等払いというもので、もう一つは元利均等払いというものです。両者はその名を冠する通り、元本に関して均分に払っていくのと元金と金利に関してあわせて均分に返済していく形式になります。この場では仮に10万円カードローンをしたというふうに、具体的にどんなような算出をするのか試してみましょう。金利を両方とも15%とし考えます。リボルディング払いに関しての返済額は1万円というように算定します。とにかく元金均等払いです。こうした折の最初の支払は1万円に対して金利分1250円を合計した額となります。次の引き落しは1万円に利息分の1125円を合計した額になります。こういうようにして全10回にて引き落しを完了させるといった手法です。これに対して元利均等払いは最初の支払は1万円ですが元本へ8750円利率へ1250円と言う感じで割り振るのです。その次の引き落しに関しては元金が8750円に減少した状態にて利子を算定して1万円を更に分配します。換言すれば元利均等払いのケースでは10回で支払いが終了しないという勘定になったりします。こればかりの差異で双方がどのように異なってるのかがわかったでしょう。元利均等は元金均等に比肩し顕然ともと金が減少するのが遅いという難点というものがあったりします。換言すれば利子を余分に出すと言う状態になってしまうのです。他方はじめの返済が些少な額で済むといったプラスも存在したりします。こうした支払い手法に関しての違いによって引き落しトータルというものは相異なってきたりしますから自身の計画に応じた計画を採用するようにしてください。